【ハワイの花のある暮らし】マウイとハワイ島に生息する固有高山植物のシルバーソード
- 2023/05/25

aloha! ラニハワイの代表のYOJIです!

ハワイからプルメリアやハワイの植物を輸入販売しております。

もっと身近にプルメリアやハワイの花を感じてもらいたいと思い、連載を始させて頂くことになりました。お付き合いよろしくお願いします!

 

剣山の様な形のシルバーソード、和名は銀剣草(ギンケンソウ)。

生息域のマウナケア中腹、ほとんど雨が降らないドライエリア。

 

ハワイ島マウナケアとマウイ島ハレアカラのみに生息するシルバーソードは、絶滅危惧種に指定、保護されているハワイ固有種の高山植物です。どちらの山もナショナルパークに指定されており、トレイル以外の歩行は禁止されているのでマウナケアはオニヅカビジターセンターやハレアカラのビジターセンターで近くで見ることができます。

オニヅカビジターセンターのシルバーソード。これは珍しい複数株の集合体です。

 

全体を細やかな被毛で覆われて守られており、これは生息地が標高2100m以上の高地で水分がほとんどなく乾燥しているデザートエリアで生き残る為に進化したそうです。

キク科の植物に属し、3年~90年以上の寿命があると言われており、サマーシーズンの開花時期に受粉に成功すると大きな花穂を垂直にあげ、花を咲かせます。厳しい環境下に生息する少ない昆虫たちが受粉を助けるが、開花後は種子を風邪で飛ばした後に枯れ果てます。

開花後のシルバーソード。右がマウナケア種、左がハレアカラ種。

 

マウナケアに生息しているものが基本亜種になっており、ハレアカラのものは花序が幅広くなる亜種になります

ハレアカラ種のシルバーソード。

Enjoy and ALOHA !!!!

 

SilverSwords
キク科 ギンケンソウ属
ハワイ語:’ahinahina
学名:Argyroxiphium sandwicense
   subsp. sandwicense(マウナケア)
   subsp. macrocephalum(ハレアカラ)
生息エリア:ハワイ固有種、ハワイ島マウナケア、マウイ島ハレアカラ

 

SilverSwords(シルバーソード )の育て方

日光が大好きで、明るい場所を好みます。国内では、大阪の〔咲くやこの花館〕で長期育成に成功しており、高山植物なので通年、冷房管理で育てているそうです。絶滅危惧種の保護植物なので個人での育成はできません。

 

【NEWS】ラニハワイ イクスピアリ店では一緒に働く仲間を募集中です!
詳細はイクスピアリの求人スペースか info@lanicafe.com まで お問い合わせください!

Aloha and a hui ho !!!

黒川洋司
高校からマウイ島に移住し、マウイ大学を経てダイビング、サーフィンの現地サービスを主宰。帰国後、マリンスポーツやハワイ旅行関係の出版社でカメラマンとして勤務。現在は、広告や雑誌、WEBでの撮影の仕事と奥様の佐知子さんとLani Hawaii [ラニハワイ]とClub Marine[クラブマリン]を運営。

Lani Hawaii [ラニハワイ] http://lanicafe.com/
Club Marine[クラブマリン] http://www.clubmarine.co.jp/