【ハワイの花のある暮らし】香りが良く人気のクィーンエマリリー
- 2023/03/25

aloha! ラニハワイの代表のYOJIです!

ハワイからプルメリアやハワイの植物を輸入販売しております。

もっと身近にプルメリアやハワイの花を感じてもらいたいと思い、連載を始させて頂くことになりました。お付き合いよろしくお願いします!

 

クィーンエマリリーのツボミ。

朝露に濡れて輝いているクィーンエマリリー。

 

ハワイ王朝カメハメハ4世の妃「クイーン・エマ」がカウアイ島に養生中に愛した花がこの「クイーン・エマ・リリー」彼女の名前がこの花の由来です。

房総半島以南の海岸線に自生する浜木綿(ハマユウ)の仲間で比較的寒さに強く育てやすい種類になります。

スパイダーリリーの花。

 

ハワイには、この紅紫のクィーンエマと白いタイプがあり、白花をジャイアントスパイダーリリーと読んでいるが、ハマユウと混在している様子です。自然界ではハマユウ同様、開花後結実すると浮力のあるスポンジ状の種鞘で海面を漂って漂着地を目指してテリトリーを広げています。

また、充実した親株から根元に子株が増えることもあります。現地ハワイでは、そのほとんどが植栽によるもので人気のある観葉植物の一つです。

道路脇に植えられているクィーンエマリリー。

クィーンエマリリーの実。

クィーンエマリリーの子株。

Enjoy and ALOHA !!!!

 

Queen Emma Lily
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
ハワイ語:N/A
学名:Crinum augustum
生息エリア:外来種 ハワイ全域で見られるが、植栽による

 

Queen Emma Lily(クィーンエマリリー ) の育て方

日光が大好きで、明るい場所を好みます。
日本でも育て、花を咲かすことができます。
15°以上の生育期には、良く日の当る屋外で育成すると、どんどん大きくなります。
水やりは、15°以上の生育期には、鉢の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。
15°以下の場合は、乾燥気味に管理してください。霧吹きで湿度を与えるようにしてあげると良いです。
開花肥料を与えることで、花をつけやすくなります。

 

【NEWS】ラニハワイ イクスピアリ店では一緒に働く仲間を募集中です!
詳細はイクスピアリの求人スペースか info@lanicafe.com まで お問い合わせください!

Aloha and a hui ho !!!

黒川洋司
高校からマウイ島に移住し、マウイ大学を経てダイビング、サーフィンの現地サービスを主宰。帰国後、マリンスポーツやハワイ旅行関係の出版社でカメラマンとして勤務。現在は、広告や雑誌、WEBでの撮影の仕事と奥様の佐知子さんとLani Hawaii [ラニハワイ]とClub Marine[クラブマリン]を運営。

Lani Hawaii [ラニハワイ] http://lanicafe.com/
Club Marine[クラブマリン] http://www.clubmarine.co.jp/